会社案内

トップページ > 会社案内 > 会社沿革

会社沿革

平成 2年 6月 資本金 120万円
会社設立
平成 3年 6月

11月
増資 1,120万円
オープン系システムの開発を行う
増資 1,720万円
音声FAXサーバーの開発を行う
平成 9年 日本でいち早くXMLでDB検索アプリケーション開発
一日400万アクセスを越す国内最大級の旅行、就職、中古車の商用検索サイト開発を手がける
平成10年 JAVA/JDK・JSPによる開発を開始
大手SIer内ではじめてのWeb開発チーム結成・育成支援を手がける
平成11年 著名SIerのDB2/WebSphereの開発・コンサルを行う
WEB開発技術者向けライブラリー群を提供
平成12年 Java/EJBによるシステム開発開始
国内初のコンビニの携帯販売マルチメディア端末開発に携わる
平成13年 Java/J2EE、Strutsフレームワークによる開発開始
書籍検索、グループウェア、証券会社顧客情報、オークションサイトなど多数のB2B、B2Cシステムを構築する
平成14年 UML、JUnit、JBossその他Jakartaプロジェクトツールで開発実績を重ねる
Java/StrutsによるEコマース構築エンジンの開発開始
平成15年 WebアプリでEXCELの判定型フォームによる帳票自動生成ミドルウェアの独自開発と実装を行う
平成16年 機密情報ファイルの監視・管理システム開発を開始
MS-Officeの各アプリケーション動作制御やクライアントマシンのハードウェア固定認証技術を独自開発を行う
平成17年 ヘルプデスク、CTI向け顧客管理システムモジュールを開発
平成18年 大型ECショップ向けモールデータマッピングエンジンを発表
データ連携型勤怠管理システム「勤怠課長」を発表
超高速DBキャシェの調査・評価・検索エンジンへの実装を手がける
平成19年 都内商店街カードのポイント管理システムを「@!ポイント(あっと・ポイント)」
で構築、加盟店の店舗で携帯端末POSシステムと共に導入される
平成20年 中小企業向け就業管理パッケージ「勤怠課長lite」を開発・製品発表
大規模企業向けソフト「勤怠課長」と並んで2つの勤怠パッケージに
平成22年 勤怠課長のSaaS・クラウド版パッケージを発表、勤怠課長クラウドサービスを提供開始
スマートフォン対応にiPhone、iPad、iPod touchアプリケーションをiOS/SDK(Objective-C)で開発実装